イメージ画像

『クラッシ バンザイ グー!』の記事ピックアップ!

コレクティブハウス
たとえば、農地を借りて有機野菜を栽培し入居者が健康的な食生活を実現することを目指したり、入居者全員がひとつのNPO(非営利民間団体)のメンバーで、共有部分の一部がNPO事務所になっているケースなどのほかに、介護施設を付帯しているスタイルもある。このスタイルの最大のメリットは、同じ志を持つ気の合う仲間と、コミュニケーションを深めながら暮らしていける上に、何かと不安な孤独感や孤独死などを防ぐことができる点だ。何歳であろうと実践できるスタイルだが、最近では高齢世帯を中心にコレクティブハウスでの共同生活を営むケースも見られる。プレシニァ以降の居住形態の選択肢として覚えておきたい。コレクティブハウスにいちばんぴったりとくるイメージは“小さな村”。かつての農村が、生活に対する価値観を共有し、似たような生活水準を前提に成り立っていたことを思い浮かべると、わかりやすいだろう。“小さな村”だからこそ、みんなが安心して暮らしていくためには村長さん=まとめ役と連帯を保つためのルールが必要となる。入居者全体で話し合いを重ねた上で、費用分担や管理分担をまとめなければならない。

最新更新記事

平成26年10月21日新着!
コレクティブハウス
平成26年10月20日更新
全体のバランスを保つ
平成26年10月19日PICUP
住まい方としては有望
平成26年10月18日最新情報
自分の感覚を基本
平成26年10月17日NEW
互いの距離を適度に保つ

最新の不動産情報を手に入れる意味

  • 不動産業界の知られざる姿を赤裸々にします!!
  • 人生を左右する買い物だから、よりよい不動産屋さんをピックアップ!
  • 毎日記事を更新していき、常に新しい情報を提供します!
  • こつこつと毎日の記事を読むことで、不動産業界の知識を深めることができます!

このページの先頭へ