イメージ画像

『クラッシ バンザイ グー!』の記事ピックアップ!

化学物質過敏症
日本で化学物質過敏症が問題となった際、新築の家屋で引き起こされた事例が多かったため、『シックビルディング症候群」にならって『シックハウス症候群』と呼ばれるようになりました。(以下、通例に倣い『シックハウス」と表記します)一般的には、住宅建材や家具には、多くの化学物質が使用されているのが現状です。中でも、揮発性の化学物質は気温と湿度の上昇に比例して、室内の空気中に充満していくので大変危険であると以前から指摘されています。特に人体に有害とされているのがホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼンです。シックハウスを疑う症状が出た場合、まず空気中のホルムアルデヒド濃度を測定してみる方法があります。そのためか、その名は比較的知られていても、それが何かまでは知らない人が多いようです。ホルムアルデヒドを水に溶かすと、なんとホルマリンになるんです。理科室で標本を漬けていた、あの刺激臭のある液体になるんです。

最新更新記事

平成26年8月30日新着!
化学物質過敏症
平成26年8月29日更新
シックビルディング症候群
平成26年8月28日PICUP
布団を叩いてもダニはいなくなりません
平成26年8月27日最新情報
掃除機をかける前に、必ず床を拭く
平成26年8月26日NEW
急激なアレルギー反応

最新の不動産情報を手に入れる意味

  • 不動産業界の知られざる姿を赤裸々にします!!
  • 人生を左右する買い物だから、よりよい不動産屋さんをピックアップ!
  • 毎日記事を更新していき、常に新しい情報を提供します!
  • こつこつと毎日の記事を読むことで、不動産業界の知識を深めることができます!

オススメ不動産HPランキング!

最新不動産HP オススメ度 説明!
都内でテナント ♦♦♦♦♦♦♢♢♢♢ テナント選びは、将来選び
東京でスケルトンの物件 ♦♦♦♦♢♢♢♢♢♢ スケルトン物件とは?

このページの先頭へ